アパレル業界を目指す

マネキン

どんな学校を選ぶか

アパレル業界で働きたい人は非常に多く、販売員など様々な求人募集がそこかしこで見られます。アパレル業界ではその他にもパタンナー、デザイナー、スタイリスト…など様々な業種がありますが、そういった業種で働いている人の多くは服飾専門学校の出身者です。服飾専門学校とは、文字通り服飾、つまりアパレル関係の仕事に関する技術や知識を学ぶことができる学校です。高校卒業後に入学できる学校のほかに高等専門学校として就学できるところや、社会人でも通えるようなところもあります。服飾専門学校と一口に言いましても、様々な学校があり、どの学校を選べばよいかわからない人も多いと思います。選び方のコツとしては、ファッションに関する方向性、実際に足を運んで学校の内外を見学する事、卒業生や先生方に話を聞く事、そして学内設備の確認をする事がポイントです。学校に入る前に自分が何をやりたいのか定まっている場合は、学内の設備によって学びたいことが学べないなどといったミスマッチを防ぐために、見学をする事を忘れないようにしましょう。また、やりたいことが決まっていない方は、オープンキャンパスなどにどんどん参加して、何がやりたいのか絞り込んでいきましょう。また、可能であればその服飾専門学校の卒業生の話を聞いてみてください。学校を卒業した先輩方がどのような仕事をしているのか、また実績はどういうものがあるのか…など調べますと、学校でどのような事を学んでいたのかが分かります。さらに見学だけでは分からない細かなカリキュラムなどの話を聞くこともできますので、学校選びの参考になります。